Logo2020年度新卒採用

社員の声

CFPコンサルティングとはどういった会社なのか
社員から紹介していただきます。

上野 政史

ueno

なぜ、CFPに入社したのか?

元々、アパレルブランドにいた際にPRがやりたかったのですが、広告代理店の経験がどこも必要で 自分には経験がなくCFPは未経験でもOKと書いていたので応募してみました。

CFPに入社して感じること?

このデジタルマーケティングの業界も日進月歩で進化していますが、会社も同様で、自分がいる1年半でも大きく変わっております。 それだけ毎日、充実感もあり責任感もあり、自分次第で大きく成長できる環境だと思います。 また、社員が良い人ばかりなので、凄く仲が良いと思います。

CFPで目指す自分の未来像

そうですね。未来を描くって中々パッと出てこないご時世かと思いますが、 昔からつまらない大人にはなりたくないと思っていたので、誰よりも楽しんで仕事をして、会社の仲間たちとCFPで共に成長していきたいですね。 要は【楽しい×新しい】のその先を目指しています。

森神 佑希

なぜ、CFPに入社したのか?

クライアントファーストを実現できると感じたから。 私は過去4年間営業をしていましたが、自分の売上を何よりも重視し、必ずしもお客様のお役に立てているという訳ではありませんでした。 しかし、そんな働き方に疑問を持ち、『心からお客様に感謝される仕事がしたい』という思いで、転職活動を行いCFPコンサルティングに出会いました。 そこで、何よりもクライアントを優先する熱い想いを感じ、入社を決めました。

CFPの福利厚生の良さは?

とても充実しています。特に無料でジムに通えるのが嬉しいです。 私が所属するチームでは週に1回ジムに通う日を設けています。 ワークライフバランスが実現でき、ジムの予定があることで仕事が捗ります。 また、月に1回の半休制度を利用して、家族や友達との時間を過ごすことができています。 しっかりと休息が取れる環境ですので、メリハリをもって仕事を行うことができます。

CFPで目指す自分の未来像

会社の経営に携わる自分を思い描いています。 CFPコンサルティングは良くも悪くもベンチャー企業です。 一人ひとりの責任も大きく、自分次第で会社に大きな影響を与えられます。 私は常に『自分が会社をより良くする』という想いをもって日々の業務に取り組んでいます。 また、自分が成長することが、会社の成長につながります。 最終的には会社の経営に携わり、社員全員が『楽しい』と思える会社にしていきたいと考えています。

morigami

佐藤 弥月

morigami

なぜ、CFPに決めたのか?

一番の決め手は会社説明会でした。 説明会に参加した際に感じた、社員の方々の配慮や協力体制に圧倒されました。 これまで自分が参加してきた説明会やプチインターンでは感じえなかったことが感じられました。 また、代表の坂牧さんと直接お話をさせて頂き、CFPなら人間として大きく成長できると感じ、入社したいと思いました。

内定者インターンで得たこと

業務に関するWeb広告の基本的な知識や運用方法はもちろん、 社会人としてのマナーやクライアントに対する考え方など一から細かく学ぶことができ、大きな影響を受けています。 9月から今日までの短い時間の中で学んだ研修やOJTは、実務以外でも活かせることが多く、 これまでの自分より大きく成長できたと感じています。

CFPで目指す自分の未来像

インターン生として先輩社員の方からいろいろ教えていただいてますが、 まだまだ知識が足りないのでこれからも精進して、 クライアントと一番に寄り添える立派なコンサルタントを目指します。

堤 紗織

なぜ、CFPに決めたのか?

決め手となったのは、説明会です。 休みの日にもかかわらず、10名以上の社員が参加しており、採用にとても積極的な会社であると感じたからです。 説明会で設けていただいた社員への質問タイムでは、多くの社員と接することができ、会社の雰囲気がよいだけでなく、 入社したばかりの人でも活躍できる場がたくさんあるということだったので、この会社で挑戦していきたいなと感じました。 また、代表の坂牧さんの会社における熱意や志に惚れこみ、CFPで働こうと決めました。

内定者インターンで得たこと

私たちが社会人になるにあたって、必要なビジネスマナーから、コンサルティングの業務内容と基礎を教えていただきました。 実際に入社するまでの短い期間ではありますが、同期と協力して企画・運営し、会社を巻き込むイベントをやらせていただき、社員の方との距離も縮まり、楽しさや達成感を感じられました。 また、OJTが始まり、チームの一員としての責任感を感じ、仕事に対する緊張感も味わっています。 それによって、4月からの入社がより楽しみになりました。 ただ、待っていても仕事は来ないし成長できない環境であるため、積極的であり続けることはなによりも大切だと感じました。

CFPで目指す自分の未来像

『一緒に働きたくなるコンサルタント』になることです。 私の考える『一緒に働きたくなるコンサルタント』とは、最低限の仕事ができるのではなく、安心して任せられる『信頼』や、是非お願いしたいという『期待』、そして『感謝』される人であると考えています。 そのために、高め合える仲間や信頼、何より仕事の効率やクライアントの欲求・希望を最大化せるための技術が必要です。 自分の未来像を見失わずに、日々努力していきたいと思います。

morigami

エントリー